DATA HOPE

ホーム > フォレンジックサービス > デジタルフォレンジック可視サービス

デジタルフォレンジック可視サービス

デジタルフォレンジック可視サービスは、デジタルデータを可視することにより、現状を把握するサービスです。データに異常がなければ安全なことが立証でき、異常が発見された場合は早期に対応して被害を最小限に食い止めます。また、何らかの懸念事項が生じた場合、正式な調査を依頼するか否かの判断材料となります。コンピュータ定期監査・退職者コンピュータ監査・ネットいじめ対策などにも適しています。

サービスの項目

  • (1) 証拠保全
  • (2) 指定項目の可視化

可視サービスの流れ

step_3

要件発生時(無料)

まずはDATA HOPEへご連絡ください。最初のお電話で、可視サービスご利用の旨をお申し出ください。次に『可視化同意書』(依頼者及び使用者)を作成いただき、対象メディアの確保時期をお申し出ください。そして『秘密保持契約書』(NDA)を締結し、次のステップに進みます。

  • 監査同意書監査同意書
  • 秘密保持契約書秘密保持契約書
step_2

ヒアリング・概算見積(無料) ただし出張ヒアリングは実費請求となります。

まず『可視依頼書』『事前確認票』に基づき、簡単なヒアリングを実施いたします。可視化の目的や事案の背景などをお聞きした後、可視化の方針や、お客様のご希望をもとに可視項目を明確にします。このヒアリングをもとに、可視サービスご利用の概算費用を提示いたしますので(見積書の提示)、『サービス利用規約』に同意いただいた上で、フォレンジック可視サービスを正式にご依頼ください。

  • 可視依頼書可視依頼書
  • 事前確認票事前確認票
  • サービス利用規約サービス利用規約
step_3

証拠保全作業

参考料金50,000円〜/1台[税抜表示]
対象メディアや技術の難易度等により変わります。

可視サービスの対象となる媒体(ハードディスクやメモリーカード)のデジタルデータを、書込み禁止機能を搭載した専門の機器で保全(全体をクローン生成)いたします。複製保全されたデジタルデータは、対象媒体のデジタルデータと同一であることをハッシュ値で確認し、複製保全されたデジタルデータをフォレンジック可視サービスの対象データとします。

 注)デジタルデバイス(調査の対象となる媒体)1台にかかる調査費用になります。
 注)納品メディア代は別途かかります。
 注)希望データの復元が不可能だった場合も調査費用は発生いたします。
 注)デジタルデバイスに物理障害が発生している場合は、別途データ復旧費用が発生します。

step_4

データの可視化、報告書作成

参考料金30,000円〜/1台[税抜表示]
対象メディアや技術の難易度等により変わります。

対象データを使って、デジタルデータ専門調査員が情報を抽出し、報告書にまとめます。可視内容は、ヒアリングの際に定めた項目のみとなります。可視内容を受けて追跡調査を行う場合は、フォレンジック調査として改めてご依頼いただきます。また、対象メディアの台数がまとまると費用が割引となります。年に数度、もしくは、大人数の監査をするという場合等は、計画的に監査スケジュールを組むことをお勧めします。

 注)希望データの復元が不可能だった場合も費用は発生いたします。
 注)デジタルデバイスに物理障害が発生している場合は別途データ復旧費用が発生します。

step_5

ご請求

  • ・本サービス費用のお支払いについては、原則、前払いとします。
  • ・また、お見積金額より大幅に調査費がかかると予測される場合や、調査期間が1カ月を超える場合は、途中でご請求予定金額をそのつど提示するものとし、月毎でのご請求となる場合もございます。
  • ・お支払期日はご請求日より原則14日以内となります。それ以外のお支払いスケジュールをご希望の場合は、ご依頼時にご相談ください。

サービスの応用例1:社内コンピュータ定期監査

フォレンジックを利用したコンピュータ監査で内部不正が防止できるかというと、完全には防げないのが現状です。しかし定期的にフォレンジック監査を行い、さらにデータを保全し保管しておくことで、何らかのリスクが生じた時に客観的な法的判断を導くことが可能となり、無駄な抗争を避けられます。また、PC上の作業がすべて記録されるため、不正を未然に防ぐ効果もあります。一部の人間による何らかの問題が生じた際は、正しく業務を行っている多くの従業員の身を守ることができるのです。

サービスの応用例2:退職者のコンピュータ監査

重要データにアクセス可能であった従業員が退職する場合は、PCのデータをすぐに消してしまうのではなく、パソコン内のデータを監査してから保管することをお勧めしています。退職時に監査されるという事実があると、大きな不正を働こうという気持ちが起こりにくくなります。また実際に事件が発生した場合、保全しておいたデータを調査することにより、被害を最小限に抑えられる可能性があります。

フォレンジックデジタルフォレンジック
調査サービス

当該問題の証拠を
つかむための調査

  • 1. 証拠保全
  • 2. データ解析
  • 3. 報告
  •  

フォレンジックデジタルフォレンジック
事前可視サービス

デジタルデータを
可視するサービス

  • 1. 証拠保全
  • 2. 指定項目の可視化
  •  

フォレンジックデジタルインシデント
対応サービス

様々なデジタルインシ
デントにスピード対応

  • 1. インシデント調査
  • 2. インシデント防御処置
  • 3. インシデント原因の調査
  • 4. インシデント対策
  •  

お見積り・ご相談をお待ちしております

0120-987-258

受付・定休

無料お見積り・ご相談フォーム

まずはご相談・アドバイスから

個人や中小企業でも依頼可能な料金設定電話でわかりやくす丁寧にご説明。(無料)
  • 「いろんなこと調べられるの?」
  • 「いくらかかるの?」
  • 「調査費用は上限を設けたい」
0120-987-258

受付・定休

お問い合わせはこちら

メールフォームは24h 365日受付!

データ復旧サービス
デジタル・フォレンジック研究会

DATA HOPE 事務所案内

仙台事務所

宮城県仙台市青葉区本町1-12-31-1205〔map〕
Tel.022-796-2022 Fax.022-796-2033
アクセス:仙台駅 徒歩7分


山形事務所

山形県山形市松波4丁目2-11〔map〕
Tel.023-616-5666 Fax.023-631-4288
アクセス:山形蔵王IC下車 車で3分